感染した根管と異物除去

今年も今月を含めて3ヶ月を切りました。



気が付けばお正月になっていそうです(汗)



今回は歯茎が腫れてしまった為に来院された歯です。


術前のレントゲン写真です。

左から2番目の奥歯が感染を起こし根の先が黒く写ってきています。


治療方法を御相談させて頂き、ルールを守った根管治療をさせて頂きました。


因みに、奥歯側の根管には器具が折れて残っています。しかも、根の先から飛び出しています・・・。


この器具自体が感染を引き起こしているわけでは無いのですが、除去できる限りはしていきます。

(残存する歯を大きく削らなくてはいけない場合は無理しません。)

また、器具が根の先から飛び出しているので変に刺激を加えると顎骨内に出ていってしまう危険が有ります。


歯の頭と金属の土台(金属の土台は保険診療から無くなれば良いと思っています。歯にとっての利益を私は殆ど感じません。)を除去して壁を作ってから根管治療を開始します。


気を付けながら超音波を使用して破折した器具を除去していきます。

無事に除去完了です。


4ミリ弱位有りました。


異物は無事に除去できたので後は根管内を徹底的に洗っていきます。


臨床的な症状も膿も出なくなったので最終的なお薬を充填します。

奥歯側の根管は先が大きく壊れていた為MTAを使用させて頂きました。


術後3ヶ月のレントゲン写真です。


根の先の黒かった部分は大分骨へと治癒してきてくれているように見えます。



根管治療はとても難易度が高く精密性が要求される治療です。



闇雲に触られるのでは無く、見える環境でしっかりとルールを守った治療を受けられることをお勧めしております。


今後も経過を確認させて頂けたらと思います。



今回も長い時間お疲れさまでした。



| 1/99PAGES | >>